おとなの図工クラブ

2018/11/27 Category: 研修事例

【研修事例】外資系人材会社L様 ビジョン創造ワークシップ

 

■対象

外資系人材会社L様 営業部の皆様

 

■実施概要

『「自分ごと」のチームゴールを考える』をテーマに、ウォールペインティングワークショップを実施。描いた作品を元に、各自がゴールの言語化を行った。

 

■ねらい

1)共通ビジョン・ゴール

個々人の仕事についての価値観の棚卸しをした上で、メンバー同士の価値観の共通点を探る。最終的に、個人にとって「自分ごと」なチームゴールづくりを行う。

2)本音の対話

テーマに応じた作品を描くことを通して、自分自身との対話を行う。また、メンバー同士その価値観の共有を行うことで、普段見えないお互いの側面の理解する。

3)発散・解放

非日常的なウォールペイントを体験することで、子ども心を思い出し心身ともにリフレッシュする。

 

■参加者コメント

・チームの目標がごく自然な形で見えた気がします。非常によい機会になりました。(男性、営業部マネージャー)

・自分が仕事で何をやりたいかがあまりにもイメージが出てこなくて、改めて考える必要があると感じた。(女性)

・アイデア出し、ブレーンストーミングの際、正しいかどうか、きれいかどうか、他人がどう評価するか気にせずにやった方がいい時の良い練習になった。(女性)

・数字だけで考えるのではなく、イメージから考えるのが有効なタイミングがある。(男性)